MIT(Melodic Intonation Therapy)日本語版の研修へ参加!

MIT(Melodic Intonation Therapy)日本語版の研修へ参加!

MITとは、歌と言葉を橋渡しするセラピーで、ブローカ失語症のように、言葉が出にくくなった失語症方に効果があると言われています。世界的に有名なこのセラピーですが、日本では第1人者である関啓子先生ご自身が、脳梗塞で倒れて、しばらく活動ができなかったため、臨床の数が少ないのです。しかし、先生の長年の想いが実り、今年度、オンラインセミナーを開催、言語聴覚士だけでなく、一般の方も「アンバサダー」としてこのセラピーを学ぶことが出来ます。

この準備のための打ち合わせと研修が、オフィス三鷹高次脳機能障害研究所で開催されました。コロナ禍のため、ほんとにコアメンバーのみ、それも1人はオンラインです。

冒頭、進行表を渡され、「手短に説明を」と言われた関啓子先生

「私は、脳梗塞をしてから手短に話をまとめるのが苦手になったんです。でも、がんばります。」

と、宣言!90枚超えるスライドをもとに、時間内に説明をされたところが、プロフェッショナルだわと、冒頭から感動した私。

MITは言葉や文章をメロディーにのせて発話をしていきます。細かい規定があって、練習に使う単語や文章を選ぶのが、結構大変。この技法をみつけた関啓子先生は、寝ても覚めても「4拍」でまとまる単語や文章を、頭の中で探していたとか。

セミナーは(株)gene が主催します。ぜひお楽しみに!私もちょこっと講師ででます、笑

この日、研修が終わってから配信した動画はこちら ↓↓ 楽しい様子が伝わるかな?

MIT研修後のひととき

 

 

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください