私のライフワークについて

Category
稼ぎたいよね?役に立ちたいよね?

稼ぎたいよね?役に立ちたいよね?

言語聴覚士です。高次脳機能障害や失語症のリハビリテーションを行ってきました。でも、復職率が低いのです。今の社会は、コミュニケーション能力やITリテラシーが求められことをひしひしと実感します。 これまですごく違和感があったのは、とりあえず職場に戻ったら成功! 無理なら、「生活保護」申請をして、支援は終わり これってどうだ...Read More
人を通してビジネスを~おせっかい協会の高橋恵さん~

人を通してビジネスを~おせっかい協会の高橋恵さん~

私が好きな高橋恵さんは ビジネスを通して人でなく、人を通してビジネスを と言っています。猪突猛進の女性起業家ですが、「こいつは金になるかな?」「利用できるかな?」という視点で相手をみたことがないそうです。 最近、「ビジネスを勉強しろ」とよく言われるので、いくつかのオンライン説明会や勉強会に参加してみました。で、もういい...Read More
IT苦手だと思い込んでいる人へ。スモールステップの楽しさを

IT苦手だと思い込んでいる人へ。スモールステップの楽しさを

この1ヶ月で、随分、私は意識が変わった。その最たるものが「IT苦手」「ITアレルギー」の意識。さすがに、本気で生活を変えようと思った。 まずはパソコンに好きな人の名前を付けた(笑)敵対心をなくす 毎日、何かしらパソコンを触って仕事する 毎日、何かしら調べてみる 1週間に1回は、できないことにチャレンジする。でも、調べて...Read More
引き寄せは、行動の結果

引き寄せは、行動の結果

今日は、ルポライターで高次脳機能障害者である鈴木大介さんと、特定認定NPO法人Giftとのコラボイベントです。 詳細はこちらです→Dialogue Driven – 対話から始める未来 – 「未来」は「誰かに与えてもらうもの」ではなく「私たちの手で作り出していくもの」をコンセプトに開催します!興味ある人はぽちっとしてみ...Read More
運気をあげるコツ!面倒なことから手をつける

運気をあげるコツ!面倒なことから手をつける

9星気学をしているお友達によると、今年の9月~11月までは、浄化の時らしく、ここで整理整頓してしまうのが、12月から変化できるかのポイントらしい。 そもそも、私、この世の中の流れとは別に、9~11月は「転機」といわれ、これまで避けてきたけど必要な事に着手、その後、12月から新しいサイクルが始まると言われていたので、もう...Read More
1日3つ捨てる~日々の習慣~

1日3つ捨てる~日々の習慣~

9月が終わりますね。いつも真面目な仕事のことばかり書いているので、本日は、プライベートなことを♪ 今月に入る時、「1日に3つ捨てる」を決めました。4年前にお引越しした時は、すっきりした自宅だったのに(今の、住んでいるのですか?と聞かれます・・・) だんだん、物が増えてきました。要らないものが溜まってきたので、心が重くな...Read More
多様性ある社会は、1人1人が作っていくもの

多様性ある社会は、1人1人が作っていくもの

私は、病院に勤務しながら、ある患者さんの本を出版しました。こちらがその本です。患者さん達に対して差を付けることは本位ではありませんが、私はこの本に関してはどうしても世の中に出したいと強く思ったのです。 ちょっと変わっている息子を受け入れてくれた社会 私の息子、今は成人しましたが、小さい頃から言葉は達者なのですが、図工が...Read More
なぜ、言語聴覚士に?

なぜ、言語聴覚士に?

これも良く聞かれますね なぜ、他の職種でなく言語聴覚士ですか? なぜ、言語聴覚士を続けているのですか? 大谷邦郎さんのこちらのブログにも書いて頂きましたが、3Kみたいな職種ですが、やりがいはあります! でも、もっと大事なのは、「ことばと食べる」に関わるって その人のアイデンティティーであったり、生きる根底のような気がす...Read More
子連れ養成校時代の奮闘記

子連れ養成校時代の奮闘記

交流会でのインタビューについて、昨日の続きです。 勉強はどうしてましたか? さらに、定期テスト、国家試験があるので勉強もしなくてはなりませんね。子供と一緒に9時に寝て、3時や4時に起きて勉強すると言う生活でした。当時はまだ31歳だったので体力あったんですね! それよりも「お金を払ってしまった」ので、なんとかせねばと言う...Read More
子どもを保育園に預けて言語聴覚士に!

子どもを保育園に預けて言語聴覚士に!

昨日、オンラインサロンの交流会で、今回、出版した本を含めて、インタビューをして頂きました。そこで、いろいろ思い出したので書き綴っています。いや~あの頃は若かったと言いたいのではなく、あの、無我夢中であったことを思い出して、自分が自分に勇気をもらいました。不安とか、もやもやするとか、そんなこと言ってる場合じゃなかった。 ...Read More