RECENT ARTICLES

多様性ある社会は、1人1人が作っていくもの

多様性ある社会は、1人1人が作っていくもの

私は、病院に勤務しながら、ある患者さんの本を出版しました。こちらがその本です。患者さん達に対して差を付けることは本位ではありませんが、私はこの本に関してはどうしても世の中に出したいと強く思ったのです。 ちょっと変わっている息子を受け入れてくれた社会 私の息子、今は成人しましたが、小さい頃から言葉は達者なのですが、図工が...Read More
高次脳機能障害と失語症の症状~上手に伝えるコツNO2~

高次脳機能障害と失語症の症状~上手に伝えるコツNO2~

社会参加に欠かせない、周囲の人の理解をどうするか?について書いています。 社会参加を諦めないで、諦めさせないで~高次脳機能障害と失語症~ 高次脳機能障害と失語症の症状~上手に伝えるコツ~ まずは一般的なこととして、つまり「脳を損傷したあとには、ほとんどの人に起こりうる症状である」ことを知ってもらったあとには、あなたのこ...Read More
高次脳機能障害と失語症の症状~上手に伝えるコツ~

高次脳機能障害と失語症の症状~上手に伝えるコツ~

復職だけでなく、いろいろな場面で症状を伝えることになったとき、一番大事なのは そもそも、この障害について、多くの人は知らない という認識です。だから、あなたは「こんなに困っている」と伝えたいのですが、相手としては「?」となり、最悪「嘘ついてる?」みたいなことになりかねません。 そこで大事なのはまず「知識」として知っても...Read More
社会参加を諦めないで、諦めさせないで~高次脳機能障害と失語症~

社会参加を諦めないで、諦めさせないで~高次脳機能障害と失語症~

今、私は、言語聴覚士として、オンラインで言語のリハビリをしています。 ネットから申し込みされる方は就労している、または会社に戻るのは決まっているけど、まだ自宅療養中であるという休業期間だったりします。 職場に戻るとき、又は上司が変わる時、よく聞かれるのが 「障害について話をしたほうがいいですか」と言うことです。 ここは...Read More
なぜ、言語聴覚士に?

なぜ、言語聴覚士に?

これも良く聞かれますね なぜ、他の職種でなく言語聴覚士ですか? なぜ、言語聴覚士を続けているのですか? 大谷邦郎さんのこちらのブログにも書いて頂きましたが、3Kみたいな職種ですが、やりがいはあります! でも、もっと大事なのは、「ことばと食べる」に関わるって その人のアイデンティティーであったり、生きる根底のような気がす...Read More
子連れ養成校時代の奮闘記

子連れ養成校時代の奮闘記

交流会でのインタビューについて、昨日の続きです。 勉強はどうしてましたか? さらに、定期テスト、国家試験があるので勉強もしなくてはなりませんね。子供と一緒に9時に寝て、3時や4時に起きて勉強すると言う生活でした。当時はまだ31歳だったので体力あったんですね! それよりも「お金を払ってしまった」ので、なんとかせねばと言う...Read More
子どもを保育園に預けて言語聴覚士に!

子どもを保育園に預けて言語聴覚士に!

昨日、オンラインサロンの交流会で、今回、出版した本を含めて、インタビューをして頂きました。そこで、いろいろ思い出したので書き綴っています。いや~あの頃は若かったと言いたいのではなく、あの、無我夢中であったことを思い出して、自分が自分に勇気をもらいました。不安とか、もやもやするとか、そんなこと言ってる場合じゃなかった。 ...Read More
高次脳機能障害の障害者手帳の申請について。主治医に伝えたいこと

高次脳機能障害の障害者手帳の申請について。主治医に伝えたいこと

前回の記事で 主治医にきちんと「あなたのこまりごと」を伝えないと書いてもらえません と書きました。でも、こまりごとをわかりやすく書くのが難しいですよ! またこちらの本から引用します 言語化の壁 「言葉にする」の途方もない困難 他者に援助希求するまでのプロセスは、単純化すると次のようになると思います。 1 自己観察する ...Read More
高次脳機能障害の障害者手帳の申請について

高次脳機能障害の障害者手帳の申請について

前回の記事では、高次脳機能障害を失語症の手帳取得における制度についてお伝えしました。 高次脳機能障害は、脳損傷による器質的変化があっての障害なのですが(基本的には、CTやMRIなど画像でわかるということです)、該当する障害者手帳がないということで 精神障害者保健福祉手帳になります。 では、何が問題か? それは、申請する...Read More
高次脳機能障害と失語症の障害者手帳について

高次脳機能障害と失語症の障害者手帳について

障害者手帳って、聞いたことありますか?厚生労働省によると 障害者手帳は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の3種の手帳を総称した一般的な呼称です。 制度の根拠となる法律等はそれぞれ異なりますが、いずれの手帳をお持ちの場合でも、障害者総合支援法の対象となり、様々な支援策が講じられています。 また、自治体や事...Read More