RECENT ARTICLES

発達障害と高次脳機能障害について~情報処理~

発達障害と高次脳機能障害について~情報処理~

先日、「高次脳機能障害者は何に困っているのか?」をテーマに、リハビリテーション医学のレジェンドである上田敏先生と、高次脳機能障害の当事者である鈴木大介さんの対談がありました。とても貴重な映像なのでぜひご覧くださいね!私は、司会をしています。 対談はこちら(株)gene のチャンネルで! 共通するのは情報処理における問題...Read More
知ることから始まる~言語聴覚士のつぶやき~

知ることから始まる~言語聴覚士のつぶやき~

私が、このブログで、時々、ぷんぷん!と、失語症や高次脳機能障害を理解してくれない医師に対して怒ったつぶやきをしているのですが 最近は、脳神経外科の医師と話をすることが多く、仕事についてお伺いすると いや、そりゃ、たしかに、術後の経過には関心が高くても、その後の後遺症を「あまり知らない」と言われても、仕方がないかもと思え...Read More
遠慮しないで「依頼する・相談する」高次脳機能障害と失語症の生活リハ

遠慮しないで「依頼する・相談する」高次脳機能障害と失語症の生活リハ

就労世代で、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、はたまた交通事故や転倒などによる頭部外傷になってしまった人はたくさんいます。そもそもこの世代の人で脳血管疾患の治療のため通院している人は10万人以上!さらに、交通事故では年間3000人が、高次脳機能障害と失語症になると言われているくらいです。 そこそこいますよね!他人事ではあり...Read More
高次脳機能障害と失語症の方へ、まずは法的な根拠を調べよう!

高次脳機能障害と失語症の方へ、まずは法的な根拠を調べよう!

生活期にもどった高次脳機能障害と失語症の方に接していて思うのが 「これまで通りに仕事ができない」→「必要とされていないかも」「迷惑かも」 と、自分から否定のパターンに入ってしまう人が多い! そこへ来て、雇用者の権利とか全然知らない人から 「こんな状況でしたら、退職ですね」とか言われて 「仕方ないですね」とやめてしまうパ...Read More
上田敏先生×鈴木大介氏の対談!#無くそう未診断・無支援・失職&二次障害

上田敏先生×鈴木大介氏の対談!#無くそう未診断・無支援・失職&二次障害

11月17日(火曜)こちらの配信があります。僭越ながら司会を勤めます。 さて、今回の目的は、医療の現場にいる人に、生活にもどった高次脳機能障害者は、何に困っているのかを知ってもらうことです。偉そうに言っている私も、病院で働いていた時は、リアリティーを持って知らなかった。NPO法人活動を通じて、そして、2019年に病院を...Read More
毎朝の筋トレ10分~日々の習慣~

毎朝の筋トレ10分~日々の習慣~

11月がスタートしました。もう2020年が終わるのですね!あまりの速さに驚きます。 さて、今年のキーワードは「習慣化」でした。ま、飽き性なので継続が難しいのです。そんな中、ようやくできたのが運動習慣です。 週1回、かなりの無理をして加圧トレーニングに通った。ちょっと遠いサロンだったので、お金も時間も、かなり優先度を上げ...Read More
「私は悪くないのに」理不尽な思い・・高次脳機能障害や失語症の支援 No3

「私は悪くないのに」理不尽な思い・・高次脳機能障害や失語症の支援 No3

さて、私が高次脳機能障害や失語症の支援を自分のライフワークと決めたほんとの理由は・・ 共通する理不尽な思い 私は悪くないのに、一生懸命なのに、なぜ差別されなくちゃいけないのか? という、理不尽な想いを抱えながら、10代を過ごしてきたからです。 私は、8歳の時に、事故で父親を亡くしました。普通に出勤して、帰らぬ人になりま...Read More
「関わりたくない」ポロっとでる本音・・高次脳機能障害や失語症の支援 No2

「関わりたくない」ポロっとでる本音・・高次脳機能障害や失語症の支援 No2

さて、では、こうした人達の支援がなぜ進まないか? ここから先は、覚悟を込めて書きます。 はっきり言って「面倒」「手がかかる」「非効率」だからです。 例えば、高次脳機能障害で記憶があいまいな人には「何度も、何度も」同じ説明しなくてはいけません。 勘違いも多くて、何度も問い合わせがきます 本人はあせっているので、口調がきつ...Read More
脳がうまく機能しないだけなのに・・高次脳機能障害や失語症の支援 No1

脳がうまく機能しないだけなのに・・高次脳機能障害や失語症の支援 No1

病気や怪我で高次脳機能障害になった人、失語症になった人、 その人達は、全く自分と違う人でなく、ちょっとだけ、ある点についてだけ、脳がうまく作動しなくなったというイメージですね。 鈴木大介さんのいう「脳は情報処理をする器官」であり、「それがうまく作動していない」だけなのです。 胃腸の機能が低下したら、いつも食べられていた...Read More
子どもの高次脳機能障害NO3~成人との違い~

子どもの高次脳機能障害NO3~成人との違い~

2020年10月12日に開催された「子どもの高次脳機能障害」の研修報告続きます。大阪市立総合医療センター小児神経内科の九鬼先生による「子供の高次脳機能障害の理解と支援」です。 子どもと聞いてすぐに思うのが「脳の発達過程である」「可塑性に富む」ですね。 成人の場合との違いはこんなにあります!高次脳機能障害のリハビリを考え...Read More