RECENT ARTICLES

僕が障害を認めるまでNo3~高次脳機能障害者の声なき声

僕が障害を認めるまでNo3~高次脳機能障害者の声なき声

引き続き、NPO法人エスペランサ代表の岡﨑さんの記事、続きます。 講演会用に準備された原稿をもとに書いています。 今日は彼の症状についてです。 あるわ、あるわ、こんなこと、あんなこと 今も、左半身がぶら下がっている感じがする。気圧の変化の前の頭痛もひどい 常にロキソニンが手放せなくて、飲んだこと忘れてまた飲んでふらふら...Read More
僕が障害を認めるまでNo2~高次脳機能障害者の声なき声~

僕が障害を認めるまでNo2~高次脳機能障害者の声なき声~

昨日に引き続き、NPO法人エスペランサ代表の岡﨑さんの記事、続きます。 講演会用に準備された原稿をもとに書いています。 自己否定と混乱の日々 あんなことができない、これもできない・・そんなことばかり。 なんでそんなことで怒るの?と言われる。 小さなミスが多い。 楽しかったことも全く忘れている やってほしい内容を具体的に...Read More
僕が障害を認めるまで~高次脳機能障害者の声なき声~

僕が障害を認めるまで~高次脳機能障害者の声なき声~

今日からNPO法人エスペランサ代表を務めている岡﨑憲司さんを紹介していきます。かれは養護施設に暮らす子供たちに笑顔を届けたいと、100名以上のボランティアを束ねて活動しています。1年半前、初めに出会ったとき、彼のあまりにエネルギッシュな言動に圧倒されました。そして障害についてかなり熱く語っていましたが、当時はまだ当事者...Read More
バリアフリーはボディブローのようにきいてくる

バリアフリーはボディブローのようにきいてくる

日本ではまだまだバリアフリーは進んでなくて、麻痺などで車いすや杖を使って歩く方、視覚障害、聴覚障害いろいろな障害のある方、高齢者にとってはまだまだ設備が整っていなくて住みにくいです。 しかし、いわゆる健康な人にとって、バリアフリーがそれなりに進んだ環境は、運動する機会が少なく、徐々に筋力が低下するリスクが大きい!!これ...Read More
病気をしたあともおしゃれをしたい気持ち〜言語聴覚士のお仕事〜

病気をしたあともおしゃれをしたい気持ち〜言語聴覚士のお仕事〜

私が仲良くしている女性のつぶやきです。軽度の麻痺があります。 私はヒールの靴がとても好きだった 今日の靴は、ブーツです。膝下10センチくらいです。茶色です。本当はブーツって好きじゃなかった。ブーツって足首が固定されるのが、今は安定するからいい。 私は装具を元々つけていない。だから、好きな靴を選んでいいと思っていた。装具...Read More
自立とは何だ!〜言語聴覚士のお仕事〜

自立とは何だ!〜言語聴覚士のお仕事〜

大阪府相談支援従事者初任者研修に行ってまいりました。そこで、一番、心に響いたのが骨形成不全の女性の講義。昼一番だったのに、少しの眠たくなかったもの!!メモ、メモ 私たちが当たり前にしている選択一つずつが自立 重度の身体障害者である彼女は、生まれてからずーーーっと家族の介助のもと育ってきました。つまり、家族なしの生活は「...Read More
傷病手当金について、ご存知ですか〜言語聴覚士のお仕事〜

傷病手当金について、ご存知ですか〜言語聴覚士のお仕事〜

前回に続いて「傷病手当金」のお話です。詳しくは社労士さんに聞いてください。無料相談など開催していますよ! では、専門職でない私がわかった範囲で報告します。 退職などで資格喪失した場合 ・ 任意継続保険者は、手当はもらえない(以前は、もらえていたが・・) ・ 資格喪失まで(退職日など)に1年以上の被保険者期間が継続してあ...Read More
傷病手当金について、ご存知ですか?〜言語聴覚士というお仕事

傷病手当金について、ご存知ですか?〜言語聴覚士というお仕事

あなたは会社員ですか?つまり、厚生年金で勤務先の健康保険に加入していますか? または自営業で、国民年金で国民健康保険に加入ですか? 会社員の方はほとんど天引きですが、いくら支払っているかご存知ですか? 今日は先日参加してきた「傷病手当」の勉強会の報告です なぜ社会保障の勉強会に?と思われた人 それは、たくさんの「もらい...Read More
1人でも多くの人に知って欲しい〜高次脳機能障害者の声なき声〜

1人でも多くの人に知って欲しい〜高次脳機能障害者の声なき声〜

見えない障害と言われる高次脳機能障害。 軽度の人は軽度の人にしかわからない困難さがあるのです。それは「障害による困難さをわかってもらえない」「変わってしまった自分に対する悔しい思い」です。 これは全く普通に見える女性のつぶやきです。社会復帰した多くの当事者が同じ悩みを持っています。あなたの周りにもいるかもしれません。ぜ...Read More
人情あふれる医師の物語〜私が読んだ本〜

人情あふれる医師の物語〜私が読んだ本〜

先日学会で素晴らしい講演を聞きました。脳卒中患者の障害受容と受容過程についてです。研究方法は、ずばり 本人にずばり「障がいのある今の状況を受け入れているのかどうか?」と聞き取り、 そして障がいを受いれていると言う人に対して「ではもし治る手段があるとしたらどうする?」と聞く こんな質問、コンプライアンスだ、接遇だと言う時...Read More