RECENT ARTICLES

高次脳機能障害にまつわる質問に対する答え

高次脳機能障害にまつわる質問に対する答え

先日から、高次脳機能障害について説明をしています。 さて、今日はその行政定義の高次脳機能障害についてお話をします。この行政が定義している高次脳機能障害については、以下の診断基準を参照してください。http://www.rehab.go.jp/brain_fukyu/rikai/ ここでは 脳が器質的に損傷している、つま...Read More
言語聴覚士「浮田弘美先生」による発語失行セミナーpart2のお知らせ

言語聴覚士「浮田弘美先生」による発語失行セミナーpart2のお知らせ

私が師事している浮田弘美先生のセミナーご案内です! 10月6日(水)「発語失行」について目から鱗のお話がありました。この記事では、失語症・発語失行について、頭がごちゃごちゃしている言語聴覚士のみなさんに、前回の内容を少しシェアします。   今更ながら、失語症について簡単におさらい!   話せばわかる...Read More
様々な定義がある高次脳機能障害

様々な定義がある高次脳機能障害

引き続き、高次脳機能障害について。 ある日突然、脳卒中や頭部外傷などによって脳が器質的に損傷したことによって生じる場合を、高次脳機能障害と定義する時があります。この中には脳のこの部位が損傷したら、こういう症状が出ますよという、昔からちょっとわかっている「失語・失行・失認」または「半側空間無視」とかそういった古典的な症状...Read More
高次脳機能障害って、そもそも何なの??

高次脳機能障害って、そもそも何なの??

今日は高次脳機能障害の「基礎のき」についてお話をします。 私は2018年からNPO法人Reジョブ大阪で、当事者会や啓発活動を、2019年からはくるみのもりという会社で、オンライン言語リハを提供しています。 そうするとこうした質問がたくさん来ます。 高次脳機能障害って治るんですか 失語症は高次脳機能障害なんですか 私は高...Read More
当事者の語りからわかること~高次脳機能障害の当事者である鈴木大介氏の講演から~

当事者の語りからわかること~高次脳機能障害の当事者である鈴木大介氏の講演から~

今日は、関東地域の「高次脳機能障害者支援普及事業」の講演会でした。 テーマは「コロナ禍と高次脳機能障害」で、鈴木大介さんと講師を努めました。 その中からトピックをいくつかご紹介します! 脳損傷の後遺症は、認知・身体・心   脳損傷の後遺症である、高次脳機能障害は「認知」機能の障害と言われています。高次脳機能障...Read More
悩める言語聴覚士さんへ臨床の知恵!浮田弘美先生の「発語失行・失語症」セミナーその2開催

悩める言語聴覚士さんへ臨床の知恵!浮田弘美先生の「発語失行・失語症」セミナーその2開催

失語症だけでも難しいのに・・と悩んでいる言語聴覚士の方へ。(株)くるみのもりが開催する教科書ではわからない臨床の知恵シリーズ(笑) 今回は「発語失行」その2!講師は浮田弘美先生です。 だれに聞いたらいいの?こんな悩み 前回は、そもそも発語失行とは何か?という定義、言語症状について講義して頂きました。 「話さない失語症は...Read More
【高次脳機能障害のあるかたの就労におけるこまりごと】研究メンバーを募集!その2

【高次脳機能障害のあるかたの就労におけるこまりごと】研究メンバーを募集!その2

前回の投稿からの続きです。コロナのワクチン接種だ、講演会だと続きまして、日が空いてしまいましたw 研究内容について 私は、2021年1月から、ルポライターの鈴木大介さんと、高次脳機能障害・失語症の方を対象にインタビューをして、冊子を毎月発行しています→「脳に何かがあったとき」 今回、この当事者インタビューをもとに就労に...Read More
【高次脳機能障害のあるかたの就労におけるこまりごと】研究メンバーを募集します!

【高次脳機能障害のあるかたの就労におけるこまりごと】研究メンバーを募集します!

 私は、2021年1月から、ルポライターの鈴木大介さんと、高次脳機能障害・失語症の方を対象にインタビューをして、冊子を毎月発行しています→「脳に何かがあったとき」  今回、この当事者インタビューをもとに、就労におけるこまりごとを、一緒に研究してくれるメンバーを若干名募集します!職種は「作業療法士」「心理士」「看護師」で...Read More
復職の前に、現場にいけたらいいのに~高次脳機能障害・失語症の当事者インタビューより

復職の前に、現場にいけたらいいのに~高次脳機能障害・失語症の当事者インタビューより

ルポライターの鈴木大介さんと、高次脳機能障害・失語症の方を対象にインタビューをして、冊子を毎月発行しています→「脳に何かがあったとき」 今回は、大手居酒屋チェーン店で働く槇田さん、昨日の続きです。 病院・生活・就労それぞれ環境が違いすぎる 病院と生活では環境が全く違います。「日常生活」や「社会生活」への適応が困難になる...Read More
あれだけ身体を鍛えても、復職後は大変だった~高次脳機能障害と失語症の当事者インタビュー~

あれだけ身体を鍛えても、復職後は大変だった~高次脳機能障害と失語症の当事者インタビュー~

ルポライターの鈴木大介さんと、高次脳機能障害・失語症の方を対象にインタビューをして、冊子を毎月発行しています→「脳に何かがあったとき」 今回は、大手居酒屋チェーン店で働く槇田さんのお話です。 事故から1か月、記憶がない  精肉店で働いた後、飲食店に移ったんですよ。お肉が好きなんで、単純にそれに関わりたいなと思ったんです...Read More