キーワードは「女性であることを楽しむ」2017年9月に読んだ本

キーワードは「女性であることを楽しむ」2017年9月に読んだ本

7月は「私が好きなライフスタイル」8月のキーワードは「私の仕事」でした。9月は、次の月が嵐のように忙しくなることを想定して(笑)人生を楽しむ本を読んでおこうと思いました。仕事に忙殺されぼろぼろになっていると「は!こんなことでいいのか?」って思うことありませんか?私だけかしら。そんな時に、ぜひ、女性どっぷりの本を読んでみてくださいね

誰がなんといっても女性は偉大だ!を感じる本

オノヨーコは昔はほとんど関心がなかったのですが、この数年、とっても気になります。年齢を重ねることによって輝きが増す、憧れますよね。この表紙もデコルテがとても素敵。波乱万丈の人生を送ってきた彼女ならではのエールがたくさん散りばめられていました。

女性はどうぞ夢を持ち続けてください。それは小さな夢でもいいんです。結婚や出産したからといって夢をあきらめないでください。
女性たちにはまず女がいかに力強くて賢いということを自覚してほしいと思います。
みんなの夢を叶えるためにはもっと考えなければいけないことがあります。それは自分の生活を大切にすることです。つまり自分の生活を一生懸命やっていくことです。あなたが一生懸命自分のできるだけの人生を送ること、それによってあなたは大事なメッセージは世界に送っているわけです。そしてそのあなたのメッセージはみんなで見る夢につながっているのです。
男性がなんと言おうが私たち女性が人類を作っているんです。なんだかんだと偉そうなこと言ってる男性でも、1人の女性が痛い思いをして、また命をかけて産んだ人間なのです。

 

今あなたに知ってもらいたいこと
オノ ヨーコ
幻冬舎
売り上げランキング: 210,622

なんと無駄な時間とお金と労力を費やしているのか!と衝撃の本

更年期って、とにかく気になりませんか?昔、ほんとにホットフラッシュがひどい女性がいて「これが一番涼しい」と言ってアルコール綿で腕全体をいつも拭いていました。びっくり・・それ以来、更年期になったらどうしよ〜なんて思っていました。そして、ある時期、やったら身体がか〜っとなって全身が真っ赤になることがあり、これがホットフラッッシュか??と思っていたら、なんと急性アレルギー症状で、下手したら呼吸が止まっていたかもしれなかったのです、あぶない、あぶない。こんな感じで、いろんな間違った情報に振り回されちゃいますよね。

“なんでも「病院で薬をもらえばなおる」と思う人が多いようで困るのですが、自分で日々原因をつくっている場合は、薬ではなおりません。自分で原因をつくりながら病院で薬を求めるのは、自分で掘った落とし穴に落ちて助けを呼ぶようなもの”
何かを成し遂げるためには、知識を持って正しい努力を積み重ねることが必要です
いたた・・の話と、え〜そんなことあるの!の驚きの話が満載
ぜひ更年期が気になる女性に読んでほしいです。
わかっているけど、無駄なお金と時間を費やしていることがわかるんだけど、それも人間らしくってよくない?て思うのです。この本を買うまえにちょっと買ってしまった美容系のお買い物が全く無駄とわかったけど、やっぱり使っていると気分が上がる
 噂の女医がこっそり教える女の不調が消える本
主婦の友社 (2016-06-01)
売り上げランキング: 1,359
女子こそ大志を抱け!です
自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)
森 博嗣
集英社
売り上げランキング: 126,707

 

お友達と一番盛り上がったのはこの本、ぜひ読んでほしい

書店でこの1文をみて即買いした私、笑。これ90歳のおばあさまのセリフなのです。
女は赤よ、赤い口紅を塗らないとジョンが浮気するわ
これは絶対に盛り上がる本!ぜひアラフォー、アラフィフの女子会で、お酒とともにきゃーきゃー言いながら回し読みしてみて!私の親友は1ページみた途端「借りて帰るわ!」彼女はとてもすてきな年下のイケメン夫がいて、いつも仲良し♪
French in Style フランスマダムから学んだ最上級の女になる秘訣
畑中由利江
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 141,016

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)