人生の波を楽しみたい〜私の行動を変えた本〜

人生の波を楽しみたい〜私の行動を変えた本〜

私は子供が幼少の頃から言い続けたことがあります。それは「自分で決めたなら、とことんやり通しなさい」です。自分で決めてチャレンジしてほしかったのです。順風満帆なことは、まずないのです。波乱万丈でも、うまく波を乗り切って欲しいものです。

働いていると、「波」がある

お仕事がどんなに規則的でも、まあ、いろいろありますよね。ため息つきたくなるくらい様々ま事態が起こったり、時々、勤務中に「今日は何時に帰ることができるのか??」と真剣に思うことがあります。

そして、たとえ仕事で何もなくても、子供など私生活でアクシデント勃発!なこともありますよね。「勘弁してちょうだいよ〜」と、これも心でつぶやく(笑)

そんな時は、丁寧どころか、とりあえず日々を回す!ことで必死ですよ。

でも、そんな波を越えると、次は余裕が生まれてきます。なんでも、サイクルですから。その時、少し、生活の立て直しを図ります

いつも心に置いている憧れの暮らしの根底には

私は、有元葉子さんが大好きなのです。彼女の丁寧な暮らしの根底は「潔さ」だと思っています。この本は、超ストレスフルな1週間を切り抜けたご褒美、仕事を終えたあと、カフェで読みました。

毎日すること、ここに、「生き方」が書かれているのです。毎日、些細なことから大きなことまで、私たちは何かを選択してそして行動していますが、そこに自分らしさ、自分軸があるといいなと思っています。

以下、抜粋

仕事だけでなく、子育ても家のことも、買い物も旅行も、どんなことも自分で決めて決めたことに責任を持って生きる。私たちにできる最善の手段はそれしかないし、たとえ苦しくてもそうやって生きた方が面白い

結果は考えずにやればいい。困難に立ち向かうことをしないと、脳も心も直感も五感も退化します。

もう一度、心を落ち着かせ、明日に向けて何よりも生活を整えてみようと思います。

毎日すること。ときどきすること。
有元 葉子
講談社
売り上げランキング: 25,695

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください