インフルエンザ脳症の後遺症。高次脳機能障害者の当事者インタビュー

インフルエンザ脳症の後遺症。高次脳機能障害者の当事者インタビュー

ルポライターの鈴木大介さんと、高次脳機能障害・失語症の方を対象にインタビューをして、冊子を毎月発行しています→「脳に何かがあったとき」

今回は、インフルエンザのあとに、高次脳機能障害になった方のインタビューです。

単なる風邪だと思っていた

「満員電車に乗った時に、ぶるっと寒気がしたんですよね。あの時、インフルエンザをもらったんですね、きっと。これがすべての始まりですね。週末は熱が出てただけで、救急外来でお薬をもらって自宅で寝ていたんですが、数日後、もう意識朦朧になって、しゃべるのもおぼつかないので、家族が「これはおかしい」と救急車を呼びました。この辺から1週間くらいの間は、記憶がないですね、家族からあとで聞きました。

入院してから、なんかメモみたいなものを書いているですよね。メモが残っています。でも自分では、書いた記憶がないし、なんだこれ!みたいな内容をたくさん書いています。その病院では、たくさん検査をされて「インフルエンザ脳症」と診断がつきました。認知機能の検査もリハビリもしましたよ。もう頭がまわらないので、一日があっという間に過ぎてしまってました。毎日、たいしたことをしていないのに、時間だけが過ぎていくので、「病院って忙しい!」って思った記憶があります。そこに1か月くらいいて、退院しました。

検査をたくさんして、結果を説明されたのですが、「要 見守り」と1項目だけ書かれた紙をもらいました。まあ、1個ならいいかと思ってあり気にしなかったんですが、これが仕事にもどったら、こんなに差しさわりがでるなんて、当時は思いもしなかったです。」

なぜできないのか?が理解できずに辛かった

「帰宅してみると、あれも、これも、なんだこれ?みたいな感じでたが、この頃は、まだ身体も戻ってないしと思って、まずは体力を回復しようと散歩してました。でも、それも異常に疲れるんですよね。さて、そろそろ仕事を再開しようかと思って、全然、頭に入ってこないんです。なんでこんなことができないんだ?と大混乱でしたね。なんとかしなくてはと、とりつかれたようにPCの前に噛り付いてましたね。それこそ飲まず食わずですよ。

そうこうしているうちに、外来でリハビリを受けられる病院を紹介してもらいました。当時は、表情もぼんやりしていて、受け答えもテンポが遅かったようです。仕事出来る状態ではないですよね。確かに、始めの病院を退院するときに、「脳の病気をした人ができる仕事ではありませんよ」と言われましたが、他にどんな仕事があるのかわからないですしね。やってみてはことごとく失敗するです。理由もわからないし、

何ができないんか、なぜできないのか、わからなくて、もう辛くて、辛くて

それでも、がむしゃらにPCを開いてしまう自分がいるわけです。

 

「脳に何かがあったとき」冊子について

冊子会員募集中!
お問合せはこちらまで 

お得な過去の冊子まとめ購入はこちら

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    ことばの天使 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 高次脳機能障害者・失語症の方の就労における知恵。当事者インタビュー冊子はこちら 「脳に何かがあったとき」
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください