話し言葉を理解する過程について〜言語聴覚士のお仕事〜

話し言葉を理解する過程について〜言語聴覚士のお仕事〜
そもそも私たちの言語とはどういう過程を経て「聞いたり」「話ししたり」「読んだり」「書いたり」しているのでしょうか?

話し言葉を理解する過程

言葉を聞いて理解すると言う過程について考えてみましょう。
まずここにりんごがあります( ちなみに、なぜかほとんどの教科書では、りんごが例にあがってる・・笑)
「りんご」聞いた私が聞いて、あ、この赤いりんごのことだとわかるためには
  • まず「リ・ん・ご」言う音が、日本語の音であるということがわかる
  • 次に、3つの音で成り立つ
  • 次に、この3つの音の並びがあの赤いリンゴであるとわかる、つまり音と意味が一致する
ここでやっと「りんご」という音と、あの赤いりんごが一致します。

失語症という症状

失語症の方はこのどこかの過程でつまずきます。うどがけ崩れで道が塞がったように、前後に流れないのです(決っして、言葉を失ったわけではないのです)
話し相手が「りんご」と言います。その時に
  • 「り・ん・ご」これが日本語の音だとわからない方もいます
  • 違う音に聞こえる方もいます
  • 音がわかっても意味がわからない方もいます(意味と一致しない)

これが単語レベルの理解です。でも、私達は文章で話をしますよね

そこで、次に「りんごをスーパーで買ってきて」を考えてみましょう
この文章を理解するためには
  • りんご、スーパー、買うという単語を理解している
  • 複数の言葉を記憶に留めておく
  • 「を」「で」などの助詞の働きがわかる
これらが揃って文章の意味がわかります。
単語をわかっても文章がわからない、助詞の意味がわからない、長い文章になると記憶できない、これらが絡んで、相手が何を言っているか理解できないのです。
英語など母国語以外を学ぶのをイメージしたらわかりやすいかと思います。
失語症を表すときに「まるで外国語に囲まれたよう」と表現するのは、さもありなんと思います

こちらのブログも書いています

私が活動してる脳損傷者の社会復帰支援が理念のNPO法人 Reジョブ大阪
智恵の輪 お友達との交流、イベントのご案内、私的なことなど。
興味のある方、覗いてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください