言語聴覚士というお仕事 ( 5 )

Category
ある日突然、脳に損傷が!高次脳機能障害について考える本〜言語聴覚士のお仕事

ある日突然、脳に損傷が!高次脳機能障害について考える本〜言語聴覚士のお仕事

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします これまで脳卒中について記事を書きましたが、私のお仕事は「言語聴覚士」です。専門は、脳卒中後遺症に対するリハビリです。主に 聞く、話す、書く、読むが難しくなる「失語症」 口腔、顔面が麻痺して言葉が不明瞭になる「構音障害」 記憶や注意、段...Read More
口から食べるを支えるNo2〜言語聴覚士のお仕事〜

口から食べるを支えるNo2〜言語聴覚士のお仕事〜

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします。前回に引き続き、地域コミュニティーでの研究会の報告です。 食べたくないという意思も尊重しませんか? これまで、「食べたい」という願いに添うことばかりを書いてきましたが、実は、「もう食べたくない」という願いでいる人も少なくないのです。そ...Read More
口から食べるを支えるNo1〜言語聴覚士のお仕事〜

口から食べるを支えるNo1〜言語聴覚士のお仕事〜

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします。先日、「口から食べる」ことをキーワードに、地域コミュニティーを発足されたこちらの歯科医師の先生の会に参加してきました。なかなか熱い場で、問題提起やいろいろな症例の紹介、そして、笑いありの楽しい時間でした。 歯医者が病気をつくる pos...Read More
脳卒中急性期における低栄養と嚥下障害No2〜言語聴覚士のお仕事〜

脳卒中急性期における低栄養と嚥下障害No2〜言語聴覚士のお仕事〜

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします。前回は、急性期病院において、低栄養の人がとても多いこと、また低栄養が長期にわたって患者さんの予後に影響することを書きました。それでは、低栄養がこれほど重要なことと認められているのでしょうか? まずは現場スタッフの意識は? 急性期病院で...Read More
脳卒中急性期における低栄養と嚥下障害No1〜言語聴覚士のお仕事〜

脳卒中急性期における低栄養と嚥下障害No1〜言語聴覚士のお仕事〜

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします。先日、日本臨床脳神経外科学会に「嚥下障害者と低栄養に関する現状と問題点」について発表してきました。データ不備が多く、発表を躊躇しましたが、まとめてみてよかったなと思っています。なぜなら、まだまだこの問題については、知られていないことが...Read More
超高齢化社会に向けて、サルコペニア道場ご報告No3

超高齢化社会に向けて、サルコペニア道場ご報告No3

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします。前回(筋肉とは?)、前々回(高齢化社会、加齢と老化)に引き続き、リハビリテーション栄養研究会でもご活躍されている熊本リハビリテーション病院の吉村芳弘先生の「サルコペニア道場」報告です。 筋トレしてますか? 「筋肉を鍛えるのだ〜!」と言...Read More
超高齢化社会に向けて、サルコペニア道場ご報告No2〜言語聴覚士のお仕事〜

超高齢化社会に向けて、サルコペニア道場ご報告No2〜言語聴覚士のお仕事〜

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします。前回に引き続き、リハビリテーション栄養研究会でもご活躍されている熊本リハビリテーション病院の吉村芳弘先生の「サルコペニア道場」報告です。 筋肉とは? 中学の生物でならいませんでしたか?筋肉は3つに分類されると。 自分の意識で動かせる随...Read More
超高齢化社会に向けて、サルコペニア道場ご報告No1〜言語聴覚士のお仕事〜

超高齢化社会に向けて、サルコペニア道場ご報告No1〜言語聴覚士のお仕事〜

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします。先日、こちらリハビリテーション栄養研究会で知った熊本リハビリテーション病院の吉村芳弘先生の「サルコペニア道場」に参加してきました。何度も参加しているリハ栄養の勉強会、何度目でも学びと気づきがあるので、やっぱり参加してよかったと思いまし...Read More
頭部外傷による高次脳機能障害No3〜言語聴覚士というお仕事〜

頭部外傷による高次脳機能障害No3〜言語聴覚士というお仕事〜

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします。 No1,No2に引き続き、大阪医療センター脳神経外科の中島伸先生の講演の報告、テーマは「頭部外傷」です。 社会生活を営むにあたって必要な高次脳機能とは何か? 高次脳機能とは、人間が進化の過程で発達させてきた、社会の中で生きるための機...Read More
頭部外傷による高次脳機能障害No2〜言語聴覚士というお仕事〜

頭部外傷による高次脳機能障害No2〜言語聴覚士というお仕事〜

医療と健康、そしてリハビリの情報〜言語聴覚士というお仕事〜本日もよろしくお願いします。 前回に引き続き、大阪医療センター脳神経外科の中島伸先生の講演の報告、テーマは「頭部外傷」です。 高次脳機能障害を呈した場合の認定は? 事故による脳損傷で高次脳機能障害が残存した場合、そのうち、症状固定といって、これ以上回復が見込みに...Read More