中途障害の人は、それまでの強みを活かそう!

中途障害の人は、それまでの強みを活かそう!

6月1日から、こちらの事業所に関わっています⇒ユメグミ

「チラシを折ったり、お皿洗い等の軽作業ならできるかもしれません」面談でそう言っていた彼女。20年以上前に、病気で高次脳機能障害になりました。

認知機能評価をすると、そんなに悪くない。パソコンを触ったことは?と聞くと

「病気になる前は、ワープロとかやっていました。病気になってからは触ってないし、スマホも無理です」

ローマ字書いてみてとプリントを出すと、すらすら書ける。え?できるやん??

パソコンのキーボードを触ってみようか。ワープロと同じだよと言って、パソコンの前に向かってもらうと

打てるじゃん!文章できるじゃん!それに、そこそこ速いじゃん!

こういうことなんだよね、高次脳機能障害って。できることと、できないことの乖離が大きい

そして病前にできていたことは、結構、強みとして残っている。20年ぶりのキーボード操作があまりに見事でびっくりした。

支援職の醍醐味ですね、こうした発見は。機能訓練的なリハはいらない、だってすでにできるんだもん!できることを探すのが大切

昨日は、別の女性。パソコンできません!という。しかし、同じような作業を続けるのはできる気がしますとのこと。大量にあるレシートを会計ソフトに入力する作業を教えてみた。慣れるまではちょっと時間がかかったけど、そこから先は自動モード、ひたすら打ち込んでいました。すごいなぁ、私なら飽きちゃうけど。彼女の場合、混乱しないようにずーっと同じ作業をお願いしたら、かなりの事務作業ができそうです!

みなさんの能力を評価しながら、いろんな仕事を考えています。気軽にお問い合わせください。

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください