自立してやる!という決意が大事

自立してやる!という決意が大事

もう長年かかわっているある高次脳機能障害の方。家族に依存して、できることもしない。ちょっとした用事もすべて家族に依頼して、自分でしようとしない。いわく、「麻痺があるから」「障害があるから」

でも、ある時、「家をでて一人暮らしがしたい!」と、急に思い立ちました。そこからの行動がすごい!

僕は年老いた親を見て、自分の将来の事を見つめなおした。将来一人暮らしを決心した。自由のない施設は嫌だ。グループホームがいい。聞けば、ある程度、自分のことは自分でやらないとだめらしい。

4月からスーパーやコンビニを買い物を始めた。コンビニは値段が高くてびっくりした。最初スーパーの広告を見て少しでも安い物を買ってた。そのうちに安い特売日を覚えた。もちろん栄養のバランスを考えた。就労支援事業所で、栄養士の先生に相談してアドバイスを頂いた。

問題はこれから梅雨がやってくる。雨が続いてたら食材を買いだめをしたり、やりくりが難しい。色々と考えて、少し頭が混乱してくる。でも、それも徐々に慣れてきた。食費は月々I万二千円。うまく節約したらいける
と思う。

僕は人生観が完全に変わった。今まで殆ど値段がわからなかった。この所野菜は値上がりしている。乳製品も高くてびっくりした。ハムの値段も高い事を知った

病前は、何億のお金を動かしていた社長さん。こんなちまちましたお金の計算なんて、プライドが傷つくのでは?と思いきや、めっちゃ張り切っている。どうやってうまく繰り回すのか?そこを考えるときは、事業をしていた時のコスト計算と変わらないそうです。

目標がないリハビリテーションは、リハ依存になるか拒否になるかだと思っています。一緒に目標を探す、決めるコーチング的な関りがとても大事なのではないかと、実感しています。

コップ一つ自分で取らなかった彼は、今や、簡単な自炊をこなしています。麻痺があるので、

封を切るのが大変でした。それで口を使って開けていたんです。でも、煮魚とか汁が顔につくんですよ。なのでカッターを使ってみました。

封を開けたあとは、洗濯ばさみで閉じるのが一番いいです。

先生、日々、工夫です。めっちゃ頭を使います。

なんだか楽しそうなのです。毎週のオンラインリハで聞く報告が楽しみです。LINEもとても上手に打てるようになりました。Twitter開始にむけてのスマホ入力の練習です。

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください