失語症 ( 2 )

Category
リハビリ終了ですよと言われた、不要ですよと言われたけれど~高次脳機能障害と失語症~

リハビリ終了ですよと言われた、不要ですよと言われたけれど~高次脳機能障害と失語症~

私はいま、オンラインで言語リハをしている。発症してから、数年たった人が多いけど、 良くなりますよ!! でも、病院で 「リハビリは終わり」「言語聴覚士はもう不要」と言われていた人が多い。 それは、言語聴覚士が不足している そもそも高次脳機能障害や失語症の人のこまりごとを知らないという 病院や施設の事情であって本人の改善の...Read More
知ることから始まる~言語聴覚士のつぶやき~

知ることから始まる~言語聴覚士のつぶやき~

私が、このブログで、時々、ぷんぷん!と、失語症や高次脳機能障害を理解してくれない医師に対して怒ったつぶやきをしているのですが 最近は、脳神経外科の医師と話をすることが多く、仕事についてお伺いすると いや、そりゃ、たしかに、術後の経過には関心が高くても、その後の後遺症を「あまり知らない」と言われても、仕方がないかもと思え...Read More
遠慮しないで「依頼する・相談する」高次脳機能障害と失語症の生活リハ

遠慮しないで「依頼する・相談する」高次脳機能障害と失語症の生活リハ

就労世代で、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、はたまた交通事故や転倒などによる頭部外傷になってしまった人はたくさんいます。そもそもこの世代の人で脳血管疾患の治療のため通院している人は10万人以上!さらに、交通事故では年間3000人が、高次脳機能障害と失語症になると言われているくらいです。 そこそこいますよね!他人事ではあり...Read More
高次脳機能障害と失語症の方へ、まずは法的な根拠を調べよう!

高次脳機能障害と失語症の方へ、まずは法的な根拠を調べよう!

生活期にもどった高次脳機能障害と失語症の方に接していて思うのが 「これまで通りに仕事ができない」→「必要とされていないかも」「迷惑かも」 と、自分から否定のパターンに入ってしまう人が多い! そこへ来て、雇用者の権利とか全然知らない人から 「こんな状況でしたら、退職ですね」とか言われて 「仕方ないですね」とやめてしまうパ...Read More
上田敏先生×鈴木大介氏の対談!#無くそう未診断・無支援・失職&二次障害

上田敏先生×鈴木大介氏の対談!#無くそう未診断・無支援・失職&二次障害

11月17日(火曜)こちらの配信があります。僭越ながら司会を勤めます。 さて、今回の目的は、医療の現場にいる人に、生活にもどった高次脳機能障害者は、何に困っているのかを知ってもらうことです。偉そうに言っている私も、病院で働いていた時は、リアリティーを持って知らなかった。NPO法人活動を通じて、そして、2019年に病院を...Read More
「私は悪くないのに」理不尽な思い・・高次脳機能障害や失語症の支援 No3

「私は悪くないのに」理不尽な思い・・高次脳機能障害や失語症の支援 No3

さて、私が高次脳機能障害や失語症の支援を自分のライフワークと決めたほんとの理由は・・ 共通する理不尽な思い 私は悪くないのに、一生懸命なのに、なぜ差別されなくちゃいけないのか? という、理不尽な想いを抱えながら、10代を過ごしてきたからです。 私は、8歳の時に、事故で父親を亡くしました。普通に出勤して、帰らぬ人になりま...Read More
「関わりたくない」ポロっとでる本音・・高次脳機能障害や失語症の支援 No2

「関わりたくない」ポロっとでる本音・・高次脳機能障害や失語症の支援 No2

さて、では、こうした人達の支援がなぜ進まないか? ここから先は、覚悟を込めて書きます。 はっきり言って「面倒」「手がかかる」「非効率」だからです。 例えば、高次脳機能障害で記憶があいまいな人には「何度も、何度も」同じ説明しなくてはいけません。 勘違いも多くて、何度も問い合わせがきます 本人はあせっているので、口調がきつ...Read More
脳がうまく機能しないだけなのに・・高次脳機能障害や失語症の支援 No1

脳がうまく機能しないだけなのに・・高次脳機能障害や失語症の支援 No1

病気や怪我で高次脳機能障害になった人、失語症になった人、 その人達は、全く自分と違う人でなく、ちょっとだけ、ある点についてだけ、脳がうまく作動しなくなったというイメージですね。 鈴木大介さんのいう「脳は情報処理をする器官」であり、「それがうまく作動していない」だけなのです。 胃腸の機能が低下したら、いつも食べられていた...Read More
稼ぎたいよね?役に立ちたいよね?

稼ぎたいよね?役に立ちたいよね?

言語聴覚士です。高次脳機能障害や失語症のリハビリテーションを行ってきました。でも、復職率が低いのです。今の社会は、コミュニケーション能力やITリテラシーが求められことをひしひしと実感します。 これまですごく違和感があったのは、とりあえず職場に戻ったら成功! 無理なら、「生活保護」申請をして、支援は終わり これってどうだ...Read More
高次脳機能障害と失語症の理解が広がれば、救われる人が増える

高次脳機能障害と失語症の理解が広がれば、救われる人が増える

「社会問題は、深刻な順番ではなく、知られた順番に解決されていく」 この言葉は、山崎祥之さんの著書『人を振り向かせる”さわぎ”のおこしかた』にある一節です。 当事者でないあなたが、まず「理解する」こと 長年、臨床に携わっているお二人の言葉を紹介します。 橋本圭司先生 「治ったから社会に戻るのではな...Read More