幸運は不運の顔をしてやって来る~言語聴覚士として思うこと~

幸運は不運の顔をしてやって来る~言語聴覚士として思うこと~

ふぅ、なんだか大変だ…と思っていた時に、私はひたすらあるYouTubeの講演を聞いていた

若くして大病を患った田坂広志さんである。

その講演では、幸運は不運の顔をしてやって来ると仰っていた。

幸運が一直線に来るのは幻想で、まずは不運の顔をしてやってくる

その不運を抜ける時の学びが糧になる

将来、振り返った時に、当時は不運だと思ったことが、幸運のきっかけになったのだとわかると。

人生の半ばを超えた人の多くは

「あ、なるほど」と納得するエピソードに、少なくとも一つは思い当たるのではないだろうか?

脳卒中後遺症を抱える人たち、そして家族

ただ、世の中、そんなにシンプルではない。

私は、脳卒中の後遺症を抱える人、そして家族さんに、長年関わっている。

脳卒中の後遺症である、身体麻痺、高次脳機能障害や失語症、他にもたくさんあって、どれも100%元に戻ることはないと言われている。

後遺症を抱えながら、いかに病後の生活を立て直していくかが問われる。

障害があることで差別を受けた、また受けている人はたくさんいて

経済的にも、心理的にも、様々な制約をうけている人もたくさんいる

とてもじゃないが、それが「幸運のきっかけかも」なんて言えやしない。

「先生にはわからない」「所詮、他人事」と言われても、そりゃそうですよね・・と反論できない。

「死んだほうがマシだ」という人にもたくさん会ってきた。

それでも「あの病気がきっかけで、自分の生き方、生活を見つめなおした」「前の生活には戻りたくない」という人も同じくらい出会ってきた。

言語聴覚士としてできることは、こうした「今の人生も悪くないよ」と言っている当事者の声を、1人でも多くの患者さんに伝えることだと思っている。

今、どん底にいる人へ

不運は、脳卒中だけでなく、病気だけでもなく、経済や人間関係などありとあらゆるものがある。

生きていれば、これでもか、これでもかと泣き面に蜂以上のことがたくさんある。

そんなとき

幸運は不運の顔をしてやってくる

この言葉を信じて、前をむける人には、いつか幸運が来る気がする

信じなくても、唱えていると、少なくとも気が楽になる

知っていて損はないはず!

 

 

 

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください