お仕事における注意障害~高次脳機能障害~

お仕事における注意障害~高次脳機能障害~

ルポライターの鈴木大介さんと、高次脳機能障害・失語症の方を対象にインタビューをして、冊子を毎月発行しています→「脳に何かがあったとき」

今回は、会社員Wさんのお話です。

注意機能とは

脳の機能は階層性をしていると仮定されています(見えないので、これはあくまでも仮定です)最もよくそれを説明していると思うのが

神経心理ピラミッドといわれるものです。下位の機能が障害されていると、上位の機能が発揮されないと考えられています。

しかし、完全にある機能が回復しないと、自宅に戻って生活したり、仕事ができないというわけではありません。障害がある中で、仕事をしている人はたくさんいます。そこではどんな困りごとがあるのか、Wさんの場合はこちらです。

資料の作成なんかのときに、パソコンのモニターに並んでいるたくさんのフォルダの中から、対象のフォルダやファイルを探し出して編集しますよね。このたくさんあるものから特定のものを探すことがすごく苦手で、えらい時間がかかってしまうんです。自分のメモした紙の中から、必要な情報を探し出すのも苦労しますし、そもそもメモ帳を探すのに時間がかかったりするんです。

さて、注意機能はすべての認知機能の基盤と言われ、「選択」「配分」「転換」「持続」「容量」などに分類されます。ここに書かれているファイルが見つからないエピソードに関係するのは、たくさんの情報の中から、自分が必要な情報を取り出す「注意の選択」です。選択する前に、情報を「選別する」必要があります。

これらが難しくなると、スーパーで欲しい商品を探せない、探し物が見つからない、手帳を開いても確認事項がどこに書かれているかわからないなど、非常に生活が不便になります。視覚だけでなく、雑音がある環境で、相手の話を聞きとる事が難しくなります。周囲の人には、何かぼーっと眺めている、話を上の空で聞いているように見えます。そんな時こそ、本人は必死で、必要な情報をかき集めようとしているのですが・・

どうしたらいいの?

一つは環境を整えることですね。なるべくシンプルに、ルールを決めてものを収納する。

パソコンのフォルダも、規則をきめて整理する。

共有で使用している場合は、自由にできない場合もありますが、そもそもルールを決めて整理しておくと、だれにとっても便利なものです。

一つは機能改善を目指すです。ウオーリ―を探せ!とか、ゲームアプリとか、楽しめるものをみつけてください。

カレンダーもある!笑

 

おしらせ

失語症と高次脳機能障害について、2021年9月~10月末まで、無料6回連続セミナー開催します 詳細はこちら→

   失語症と高次脳機能障害について関心がある方に、無料セミナーをオンラインで開催します

毎月一冊の冊子と動画が届く冊子会員についてはこちら→脳に何かがあった時

冊子のお問合せは https://re-job-osaka.org/contact

高次脳機能障害に関するセミナーや動画インタビュー記事が読めるオンラインアカデミー チーム脳コワさん

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください