言葉が、気持ちがわかってあげられない~失語症に関わる言語聴覚士の悩み~

言葉が、気持ちがわかってあげられない~失語症に関わる言語聴覚士の悩み~

昨日はこちら「失語症と高次脳機能障害」について、6回セミナーの第1回目を開催しました。多数の方にご参加いただき、ありがとうございます。まずは50名に届けたいと思っていたのですが、その人数を超えるお申込みがありました。ありがとうございます。偉そうにセミナーを開催していますが、失語症者と日々関わっている私も、悩みは尽きません。今はオンラインで言語リハをしていますので、そもそも非言語情報が制限されているわけなので、会話がうまく成立できなかった時は非常にあせるし、セッションが終わったあとは「これでよかったのかな?」といつも思うのです。

言葉が、気持ちがわからないとき

失語症とは、脳卒中や頭部外傷で脳が傷ついたことによって、「聞く」「話す」「読む」「書く」そして「計算」が難しくなる障害です。日本には50万人いると言われています。言語聴覚士はそうした失語症者を支援する専門職ではありますが、なかなか難しい。

相手の言葉がわからない時、どうしたらいいのでしょうか?

この悩みがない言語聴覚士さんはまずいないですよね。この悩みがなかったらむしろヤバイ・・

私もベテランの先生に会うたびに「どうしたらいいでしょうか?」と聞きまくった時期があります。

そしてほぼ全員の先生がおっしゃったのが

一生懸命に理解しようと努めること。それでもわからない場合は、「わかりませんでした。ごめんなさいね」と誠意をもって伝える

こういう内容でした。

わからないのに、わかったふりも良くないですね。だって、失語症の人は「わかってくれているのかな?」と相手の表情を一生懸命、読み取ろうとしているわけですから、ばれちゃいます。

気持ちをわかってもらう

さて、相手の言葉も気持ちもわからないとき、できることは

私はあなたのことを知りたいと思っている

という、こちらの気持ちだけでもわかってもらうこと。

オンラインで言語リハをするときも、この姿勢は気を付けています、というか、対面以上に気を付けています。

 

おしらせ

 

 

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください