なぜ、言語聴覚士に?

なぜ、言語聴覚士に?

これも良く聞かれますね

なぜ、他の職種でなく言語聴覚士ですか?

なぜ、言語聴覚士を続けているのですか?

大谷邦郎さんのこちらのブログにも書いて頂きましたが、3Kみたいな職種ですが、やりがいはあります!

でも、もっと大事なのは、「ことばと食べる」に関わるって

その人のアイデンティティーであったり、生きる根底のような気がするんですね。

だってこれまで終末期の患者さんを前に、「立って欲しい」とか「腕を動かしてほしい」なんて望む家族さんは、誰もいません!

みんな、お父さんと言ったら少しでも声が聞きたい、最後に少しだけでもを口に含ませてあげたい、ごっくんと飲み込むところを見たい

そんな事しか言わないですよ。なので言葉や食べるに関わる仕事っていうのは、すごく大事なんだなと私は思っています。

残念なことに、介護保険も、障碍者手帳でも、様々な社会制度では「言葉」の障害に対して、軽視されています。

でも、「声が聴きたい」「笑った顔が見たい」それが、さいごの、さいごの、望みではないかなと思うのです。

私の活動いろいろ

高次脳機能障害と失語症に関するもの

支援者、当事者、家族とともに学びあう。オンライン講座と交流会の脳ケアゼミ

公式ラインはこちら!ぜひ登録ください

 

 
出版しています

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください