自分のこだわりがあれば、それが最強のブランディングであり広告かも

自分のこだわりがあれば、それが最強のブランディングであり広告かも

年末、隆祥館書店の店長である二村さんと、電話でしゃべっているときにこんなことをおっしゃってました。

「西村さん、もうきっぱり分かれて来ますわ。

信念や思いが合わない人は、もうどんどん離れます。

これからますます、分かれていくんじゃないかなぁと思ってます。だからね、ぶれちゃいけないんです。」

 

毎月1万円の選書、お申込みが多くてお断りだとか。適当に選べない二村さんらしいエピソード。でも、その姿勢が好きだから、なるべくアマゾンで本も買わず、わざわざ足を運ぶ。「いつ行きます」と連絡をいれると、おすすめの本を用意してくれている。それが嬉しすぎるのです。

 

今、私が通っている医療系サロンのオーナーも

 

「ホットペッパーにCMを打たない、これが私のこだわりなんですよ。ぱっと見てくるお客さんと良い関係が結ぶのは難しい。ここの理念に共感してくれるお客さんに来て欲しい。そーゆーお客さんとは長い関係が続くのよ。」

 

私はこのオーナーの経営方針が好きでここに行く。このこだわりが細部まで行き届いていて、心地よい、安心できる。

 

そして、今年になって通い始めた加圧サロンのオーナーも

 

「私は商品をおかないことにしてるんです。あったらついつい売ってしまうと思うんですね。この業界は、お客さんの単価を上げると言うのがセオリーですが、そうするとだんだん来にくくなると思うんです。私はいらないお金を使わせないことが、こだわりなんです。」

 

おすすめ商品があれば買うんだけどなぁと思いつつも、以前通っていたサロンが、経営が厳しくなるやいなや、やたらと商品の宣伝をしてきて、うんざりだったから無い方がいいなぁと感じた。技術はいいサロンだっただけに、遠くてもがんばって通っていたのにな。

 

ブランディングの手法はいろいろあるけれども、オーナーの信念が隅々まで通っている、言行一致、これが1番のブランディングではないかなと思っている今日この頃。

事業運営については、たくさんの情報があるから迷うけどね。迷うたびに、真の通ったオーナーとの会話をしたくて、そこに定期的に通って、気持ちをリセット。

「社会的な会社ってね、すぐには儲からないねん。でも継続していたら必ず儲かる仕組みになってる。

口コミで広がるから

広告や宣伝にお金をかけないだけでも、大きいで。」だとか。

そして、私は、やっぱりこういう人と交流するのが好きなんだ。そう、「分かれていく」のを実感します。

私がずーーと頭に描いているのがこちらの人

 

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください