言語聴覚士というお仕事

Category
個性豊かな高次脳機能障害者〜言語聴覚士のお仕事〜

個性豊かな高次脳機能障害者〜言語聴覚士のお仕事〜

これまで「見えない障害」とされる高次脳機能障害者の、辛い思いや苦しみについて発信してきましたが、本日は少し視点を変えて。この障害は、脳卒中や頭部外傷など脳が損傷することによって、人生の半ばになるいわば中途障害です。なので、それまでの人生はいろいろで、もちろんその人がもつ強みも様々。私は常日頃から、この強みを活かせないな...Read More
障害を隠すか?説明するのか?見えない障害といわれる高次脳機能障害について

障害を隠すか?説明するのか?見えない障害といわれる高次脳機能障害について

私は、「言語聴覚士が行う社会復帰支援」というセミナーを開催していますが、最終のコマで「職場への説明」と言う時間を設けています。評価、訓練、周囲への理解、この3つがそろってこその復帰支援と考えるからです。 高次脳機能障害は見えない障害と言われています。見えないので、とりあえず隠すことも可能です。就職活動の際に悩むのは、こ...Read More
心が言葉を奪うとき〜高次脳機能障害者の声なき声〜

心が言葉を奪うとき〜高次脳機能障害者の声なき声〜

脳卒中や脳外傷などで、脳が損傷した場合、麻痺などの「身体」と、周囲の情報を処理して判断する「認知」が障害されるだけでなく、人生の半ばで障害を負ったことによる「心」の問題が生じるとされています。  私たち、病院のリハビリ職は、基本的には身体・認知機能を改善させることが仕事です。認知については「失語・失行・失認」といった脳...Read More
患者から学ぶ人生教訓〜言語聴覚士のお仕事〜

患者から学ぶ人生教訓〜言語聴覚士のお仕事〜

あの患者は、家族は、ああだ、こうだ言うなよ、普通の状態ではないのだから入院しているわけで、それをリハビリするのが仕事でしょ・・家族さんだってパニックになってるんだからさ。 「なんでゴミが落ちてるんですか!」「なぜちゃんとゴミ箱いれないんですか!」と文句ばかり言っている人にまぎれると「さっさとゴミを拾いなさい。その文句を...Read More
家族は感謝の言葉が欲しい〜高次脳機能障害者の声なき声〜

家族は感謝の言葉が欲しい〜高次脳機能障害者の声なき声〜

こちらの当事者の手記をもとに記事を書いている「高次脳機能障害者の声なき声」です。今年(2018年)に、奥様を介護している小室哲哉さんのニュースが話題になりました。当初、マスコミの報道は「不倫疑惑」のみでしたが、すぐに当事者、介護をしている人たちから、現状のつらさについて声が上がってきました。私もそこに焦点を当てて欲しい...Read More
言語機能検査の目的は〜言語聴覚士のお仕事

言語機能検査の目的は〜言語聴覚士のお仕事

私は脳神経外科病院に勤めています。担当する入院患者さんは、急に具合が悪くなり救急車を呼んだ人、倒れているところを発見されて運ばれてくる人、なんか変だなと思って「とりあえず脳の病院にでも行ってみるか」と気軽な気持ちでくる人など、当院に来るきっかけは様々ですが、共通していることは「いきなり来て入院になった」です。 重症度も...Read More
リハビリに伴うリスクは分けあってほしい〜言語聴覚士のお仕事

リハビリに伴うリスクは分けあってほしい〜言語聴覚士のお仕事

積極的なリハビリを行うと、改善する可能性は高まりますが、必ずリスクが伴います。それでは、何もしないほうがいいのかというと、改善しないだけでなく、今度は廃用症候群により悪化するリスクがあります。どちらを選択しても、リスクが伴うのです。これらリスクについて話し合い、理解した上で、何を選択するのかを、当事者・家族・医療関係者...Read More
あなたにとって、社会にとって、仕事って何だ?〜言語聴覚士のお仕事〜

あなたにとって、社会にとって、仕事って何だ?〜言語聴覚士のお仕事〜

私は、脳卒中、頭部外傷などの脳損傷者のリハビリを担当しています。この数年の関心ごとは 就労支援、社会復帰です。介護保険制度、年金制度、生活保護により、「お金」の確保ができる制度はあります。お金が入って、経済が安定することだけが、果たしてゴールなのでしょうか? 医療リハビリの期間が短縮される傾向にあるなか、とりあえず、経...Read More
障害者の職業選択は贅沢?わがまま?〜言語聴覚士のお仕事〜

障害者の職業選択は贅沢?わがまま?〜言語聴覚士のお仕事〜

私の仕事の一つは、言葉がわからなくなる失語症や、記憶や注意力や、段取りや判断能力(遂行機能といいます)が低下する高次脳機能障害を呈した人のリハビリです。勤労世代であればリハビリの目標として「社会復帰」を考えます。これは会社に勤めるという狭い意味でなく、専業主婦でも同じで、その人がなんらかの形で社会に貢献する、つまり社会...Read More
100年ライフの復職支援〜言語聴覚士のお仕事

100年ライフの復職支援〜言語聴覚士のお仕事

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血または頭部外傷など、何らかの脳損傷を負った後に、これまでできていたことが苦手になる人がいます。注意・記憶・遂行機能力が低下する高次脳機能障害が原因です。例えば、パソコン業務が遅くなる、会議で何がテーマになっていたか忘れる、仕事の段取りが悪くなったり優先順位が決められない、1時間ほど作業すると...Read More