言語聴覚士というお仕事

Category
子どもの高次脳機能障害No1

子どもの高次脳機能障害No1

大阪府堺市にある、なやクリニックは高次脳機能外来を行っています。納谷敦夫先生は、息子さんが交通事故で重度の高次脳機能障害になられたことから、この障害について広く取り組みをされてきました。現在は、親亡きあとを考え、グループホームを作っています。温かい言葉と、温厚なお人柄に惹かれ、この障害に関わる多くの人が、先生のもとを訪...Read More
ニュースをまとめてみましょう!軽度失語症と高次脳機能障害の言語リハ

ニュースをまとめてみましょう!軽度失語症と高次脳機能障害の言語リハ

失語症と高次脳機能障害向けの、オンライン言語リハをしています。言語聴覚士の西村紀子です。今日は、いろんな人に使えるメソッドを! 日々の生活で取り入れてほしいこと まず5W1Hで事実を明確に書いてあるニュースをもとに、要約をします。小説やエッセイなど論理的でないものは難しいです。 短いニュースから、長いニュースまで。初め...Read More
稼ぎたいよね?役に立ちたいよね?

稼ぎたいよね?役に立ちたいよね?

言語聴覚士です。高次脳機能障害や失語症のリハビリテーションを行ってきました。でも、復職率が低いのです。今の社会は、コミュニケーション能力やITリテラシーが求められことをひしひしと実感します。 これまですごく違和感があったのは、とりあえず職場に戻ったら成功! 無理なら、「生活保護」申請をして、支援は終わり これってどうだ...Read More
人を通してビジネスを~おせっかい協会の高橋恵さん~

人を通してビジネスを~おせっかい協会の高橋恵さん~

私が好きな高橋恵さんは ビジネスを通して人でなく、人を通してビジネスを と言っています。猪突猛進の女性起業家ですが、「こいつは金になるかな?」「利用できるかな?」という視点で相手をみたことがないそうです。 最近、「ビジネスを勉強しろ」とよく言われるので、いくつかのオンライン説明会や勉強会に参加してみました。で、もういい...Read More
働き辛いのはあなただけではない。小さな声をあげましょう

働き辛いのはあなただけではない。小さな声をあげましょう

こちらのイベント「見えない障がい 高次脳機能障害とつきあう」でした。参加者のこの言葉、これ、他人事だと思っているひと、ぜひ、お読みください! あなたにも当てはまるでしょ?? 脳梗塞のあと、仕事に戻った時、自分がまわりにどうしてほしいと伝えられなかった。どうしたらいいのか、自分でよくわからなかった。 元通りに働けるように...Read More
引き寄せは、行動の結果

引き寄せは、行動の結果

今日は、ルポライターで高次脳機能障害者である鈴木大介さんと、特定認定NPO法人Giftとのコラボイベントです。 詳細はこちらです→Dialogue Driven – 対話から始める未来 – 「未来」は「誰かに与えてもらうもの」ではなく「私たちの手で作り出していくもの」をコンセプトに開催します!興味ある人はぽちっとしてみ...Read More
運気をあげるコツ!面倒なことから手をつける

運気をあげるコツ!面倒なことから手をつける

9星気学をしているお友達によると、今年の9月~11月までは、浄化の時らしく、ここで整理整頓してしまうのが、12月から変化できるかのポイントらしい。 そもそも、私、この世の中の流れとは別に、9~11月は「転機」といわれ、これまで避けてきたけど必要な事に着手、その後、12月から新しいサイクルが始まると言われていたので、もう...Read More
1日3つ捨てる~日々の習慣~

1日3つ捨てる~日々の習慣~

9月が終わりますね。いつも真面目な仕事のことばかり書いているので、本日は、プライベートなことを♪ 今月に入る時、「1日に3つ捨てる」を決めました。4年前にお引越しした時は、すっきりした自宅だったのに(今の、住んでいるのですか?と聞かれます・・・) だんだん、物が増えてきました。要らないものが溜まってきたので、心が重くな...Read More
高次脳機能障害と失語症の理解が広がれば、救われる人が増える

高次脳機能障害と失語症の理解が広がれば、救われる人が増える

「社会問題は、深刻な順番ではなく、知られた順番に解決されていく」 この言葉は、山崎祥之さんの著書『人を振り向かせる”さわぎ”のおこしかた』にある一節です。 当事者でないあなたが、まず「理解する」こと 長年、臨床に携わっているお二人の言葉を紹介します。 橋本圭司先生 「治ったから社会に戻るのではな...Read More
多様性ある社会は、1人1人が作っていくもの

多様性ある社会は、1人1人が作っていくもの

私は、病院に勤務しながら、ある患者さんの本を出版しました。こちらがその本です。患者さん達に対して差を付けることは本位ではありませんが、私はこの本に関してはどうしても世の中に出したいと強く思ったのです。 ちょっと変わっている息子を受け入れてくれた社会 私の息子、今は成人しましたが、小さい頃から言葉は達者なのですが、図工が...Read More