在宅・施設にいる嚥下障害者の評価~食べられる?食べられない?

在宅・施設にいる嚥下障害者の評価~食べられる?食べられない?

在宅や施設を回っていると、よく聞かれるのが、「この人食べられますか?」「危ない気がする」といった質問。

  • ごっくんするんです
  • 歯がないんです
  • 熱はでていません

そんな要素的な情報では、判断が出来かねます。特に高齢者は、全身状態を併せて評価が必要です。

セミナーのご案内

2月19日(金)20時~21時半

【食べられる?食べられない?なんとなく思っていることを見える化する包括的評価ツール】

食事場面だけでない!専門職だけではない!関わる人みんなで共有したいツールです。現状、経過、今後の見通しなど、なんとなく現場で語られていることを見える化しましょう!在宅や施設にいる方の8割は、適切な食形態になっていないと言われています。支援職・家族の方、ぜひご参加ください。

参加費

1000円事前にお支払いをお願いします。

他のセミナーと合わせて受講の方は500円引きになります

お申込み

こちらのフォームから

お問合せ

noucare21@gmail.com

または↓の公式ラインから

* こちら、(公)介護労働安定センターで行った介護士さん向けのセミナーです

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください