言語聴覚士というお仕事 ( 2 )

Category
失語症リハビリ、全てのスタートはSLTA標準失語症検査から!竹田契一先生のご講演

失語症リハビリ、全てのスタートはSLTA標準失語症検査から!竹田契一先生のご講演

 言語聴覚士の学術大会に参加してきました。絶対に聞きたい!と前日入りして、朝一番に参加したのは、竹田契一先生「日本における失語症創世記の流れと標準失語症検査」のご講演です。竹田先生は、若い頃にアメリカに渡り、失語症について学びと経験を積んで帰国された人で、日本の失語症リハビリテーションの第一人者です。 アメリカにおける...Read More
重度失語症者に対する支援、最優先は聞く力〜言語聴覚士のお仕事〜

重度失語症者に対する支援、最優先は聞く力〜言語聴覚士のお仕事〜

脳卒中や頭部外傷などの後遺症のひとつに、失語症があります。ほとんどの方は左脳に言語を司る言語野があり、その部位を損傷すると「聞く」「話す」「読む」「書く」の能力に障害が生じます。詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。 リハビリってなに?失語症ってなに?〜言語聴覚士のお仕事〜 失語症とは?原因や症状、リハビリの方法や周りの...Read More
医療と福祉のはざまで、生活を支える制度がない〜高次脳機能障害の声なき声〜

医療と福祉のはざまで、生活を支える制度がない〜高次脳機能障害の声なき声〜

本日は、このブログに記載している高次脳機能障害者の声なき声を書いている当事者と家族さんに、友人と一緒にインタビューに行ったので、その内容を書き起こします。 入院中に高次脳機能障害はみるみるうちに良くなった。会社の帳面を理解することができて、おおまかな流れがわかった。大きな装具をつけて歩けるようにもなった。僕は退院したら...Read More
障害者の生活の困難さは、障害の重症度と何が決めるのか?〜言語聴覚士のお仕事〜

障害者の生活の困難さは、障害の重症度と何が決めるのか?〜言語聴覚士のお仕事〜

私は、病気や怪我によって障害を呈した人の、リハビリが仕事です。それでは、そもそも障害とはなんでしょうか。調べてみると障害とは、何かを遂行するときに妨げとなるもの(Wikipedia)個人的な原因や社会的な環境により、心や身体上の機能が十分に働かず、活動に制限があること(goo辞典)とされています。障害は何かができないと...Read More
栄養摂取方法と退院先〜口から食べられなくなったらどうしますか?

栄養摂取方法と退院先〜口から食べられなくなったらどうしますか?

私が今回、胃瘻や経鼻経管栄養法について記事を書いているのは、医療現場にいると、本人だけでなく、家族さんからも「こんなはずではなかった」と言う声を聞くからです。胃瘻についての記事を書いたあと、数名のお友達から「胃瘻をやめることができるなんて知らなかった」「こんなことならば胃瘻を作ればよかった」または「胃瘻にすれば全てを解...Read More
自分が、または家族が口からものを食べられなくなったらどうしますか?No3〜言語聴覚士のお仕事〜

自分が、または家族が口からものを食べられなくなったらどうしますか?No3〜言語聴覚士のお仕事〜

口から食べられなくなった場合に、人工的に水分や栄養を補充することを経管栄養法といいます。No1・No2では、その1つである胃瘻について、さまざまな誤解が生じていることを書きました。 自分が、または家族が、口からものを食べられなくなったらどうしますか?No1 自分が、または家族が口からものを食べられなくなったらどうします...Read More
7年ぶりの社会復帰!〜高次脳機能障害者の声なき声〜

7年ぶりの社会復帰!〜高次脳機能障害者の声なき声〜

このブログで連載しています高次脳機能障害者の方に、先日、医療雑誌の取材がありました。このブログを読んでいたある女性から、私に依頼が来ましたので、早速、私はこの患者さんに同行してほしいと思い連絡しました。その時の感想をいただきましたので、掲載します。社会復帰とは何かを非常に考えさせられる内容ですので、是非お読みください。...Read More
左側がわからない!〜高次脳機能者の声なき声〜言語聴覚士のお仕事

左側がわからない!〜高次脳機能者の声なき声〜言語聴覚士のお仕事

意識がもどり、リハビリ病院に転院してリハビリが続きます。様々な高次脳機能障害を呈しており、その一つがこちらの左半側空間無視です。 これまでの経緯はこちらをご覧ください。高次脳機能障害者の声なき声 ぼくは左の半側空間無視という症状があって、左側が全くわからなかった。視野も左が極端に狭かった。病気に倒れて2ヶ月すぎた頃、お...Read More
完全には治りません。社会復帰はあきらめてほしい〜高次脳機能障害者の声なき声〜言語聴覚士というお仕事

完全には治りません。社会復帰はあきらめてほしい〜高次脳機能障害者の声なき声〜言語聴覚士というお仕事

重度のままリハビリ病院に転院し、数日内に主治医から病状の説明をうけました。 これまでの経緯はこちらをご覧ください。高次脳機能障害者の声なき声〜言語聴覚士のお仕事 少し前に主治医が病室に入ってきてこういった「おそらく一生、車椅子生活になるでしょう。そして、高次脳機能障害もあります。社会復帰はあきらめてほしい。」ぼくは初め...Read More
自分が、または家族が口からものを食べられなくなったらどうしますか?No2〜言語聴覚士のお仕事〜

自分が、または家族が口からものを食べられなくなったらどうしますか?No2〜言語聴覚士のお仕事〜

前回、口から食べられなくなった場合に人工的に水分や栄養を補充する経管栄養法について、そして、その一つである胃瘻について誤解が生じている事実について書きました。今日は、なぜそのような誤解が生じてしまったのかについて、私の意見を書いてみたいと思います。 摂食嚥下障害になる原因や、状況は様々です 混乱が生じていている原因の一...Read More