目から鱗!失調性構音障害に対する言語リハビリテーション

目から鱗!失調性構音障害に対する言語リハビリテーション

失調性構音障害・・言語聴覚士のみなさん、悩みませんか?成書には、呼吸はこう、発声はこう、といった要素的な症状の解説・評価・リハプログラムについては書かれていますが、さて、どうしたものか?と、悩んでいるかたは多いのではないでしょうか?

言語聴覚士の大塚佳代子先生に「明日から臨床で使える」をテーマにご講義頂きます。

このセミナーでは

  • リハビリテーションの組み立て方、考え方がわかる
  • 評価の新しい視点がわかる
  • 失調をコントロールするための方法がわかる

教科書とは少し違う視点で、考え方がわかります。ぜひご参加ください。

大塚先生についてはこちら→担当ST紹介

こちら、セミナーについて語っていますのでご覧になってください。ぜひ一緒に学びましょう!

概要

6月11日(金曜)20時~

参加費 1000円

お申込みはこちら

当日参加ができない方は、後日、動画を配信します。

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください