【高次脳機能障害のあるかたの就労におけるこまりごと】研究メンバーを募集!その2

【高次脳機能障害のあるかたの就労におけるこまりごと】研究メンバーを募集!その2

前回の投稿からの続きです。コロナのワクチン接種だ、講演会だと続きまして、日が空いてしまいましたw

研究内容について

私は、2021年1月から、ルポライターの鈴木大介さんと、高次脳機能障害・失語症の方を対象にインタビューをして、冊子を毎月発行しています→「脳に何かがあったとき」

今回、この当事者インタビューをもとに就労におけるこまりごとを、業種×症状にわけて分析、病院・または退院してすぐの時期に参考になるツール開発に一緒に取り組んでくれるメンバーを若干名募集します。

職種は「作業療法士」「心理士」「看護師」です。以下の記事を読んで、関心がある人は連絡ください。言語聴覚士はすでに3名確定していて、あと、1人どうしようかな・・というところですが、我こそ!という人がいたら連絡ください。

これは、2021年 三菱財団の社会福祉事業・研究助成による研究です。2023年までの2年間活動出来る方を募集します。

研究に至った背景はこちらをご参照ください。

研究方法について

以下、概要になります。

対象者

  • 就労している20歳~60歳の高次脳機能障害者48名。
  • 退院時に診断がついておらず、その後、診断をうけた人も含める。麻痺はない、または杖なしで外出できる程度の人
  • 日本標準職業分類を参照に、職種を「管理職」「専門技術職(主に研修、資格取得が必要となるもの)」「事務」「建設、運送、工場作業員など(身体を使って定型的な作業のもの)」「営業、販売、サービス業など(コミュニケーション能力を必要とするもの)」の5つに分ける。別に「自営業」という形態を加える。
  • それぞれ8名ずつ。男女はなるべく均等になるよう配慮する。
  • 募集に際しては、高次脳機能障害者の支援を行っているクリニック、当事者や支援団体、当法人のネットワーク、SNSを利用する。事前にアンケート記入をしてもらい、対象者を決める。

方法

インタビューは1時間程度の半構造法で実施、基本的にはzoomを利用し、録画します。

1・事前ヒアリング(1時間程度) 

  • 発症の経緯・病院でうけた説明
  • リハビリテーションの期間と内容について
  • 病院やリハビリ支援を受けた中で、その後の仕事に役立ったことについて
  • 病前のご職業に至るまでの、職歴の流れ、経歴
  • 発症時点でのご職業についての詳細(部署・地位・具体的業務内容 通勤方法 勤務時間 職場環境 人間関係など)
  • 復職時点での職業について(復職 部署変 条件変更等) 転職であれば改めてご職業についての詳細について
  • 遂行機能検査であるBADSの質問票を使用し、自己認識と症状の確認(できれば近親者にも協力を得る

2.本調査ヒアリング(1時間~1時間半) 

障害特性より、要領よく、かつ問題点を網羅し、整理ながら伝えることが難しいことが予想されるため、事前に質問事項を渡す。

背景要因を思いつきにくいことも予想されるため、ある程度聞き手側から引き出しが必要となる。具体的な質問から開始することで対応する。例としては

  • スケジュール管理や業務調整について
  • 通勤や休憩時間など業務時間以外の過ごし方について
  • 職務について。難しくなったことと上手くできたこと、ミスが多かったこと、それに対する工夫など。
  • コミュニケーションについて。電話・メール・会議・雑談・伝達・報告など。
  • 障害の開示について
  • 感情のコントロールについて
  • ありがたかったこと、心がけていることなど、自由に。

3.問題点と症状の整理

インタビューはすべて録音し、これらのデータをもとに、背景にある症状とあわせて整理していきます。

症状は、高次脳機能障害の診断基準にある「注意障害」「記憶障害」「遂行機能障害」「社会的行動障害」の4項目をもとにする。複数の症状が原因と思われる場合は、双方に加える。

これらを職種・業務内容にわけてリスト化する。

4.ツール作成

3)のリストをもとに、背景にある症状、職種や職務内容に応じての問題を一覧にしたリーフレットを作成する。

また質問、確認しておくべき事項を記載したアセスメントシートを作成する。

これら成果物については、全国の脳神経外科・神経内科を有する急性期病院、回復期病院にメールで告知し、希望があった病院には郵送。

関連サイトからダウンロードできるようにもする。

説明会

11月1日 19時~に実施します。ぜひご参加ください。zoom番号をお伝えしますので、kuruminomori8@gmail.com までメールください。

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください