サラダ感覚でたくさん食べよう!蕪のあっさり漬け〜おうちカフェ〜

サラダ感覚でたくさん食べよう!蕪のあっさり漬け〜おうちカフェ〜

食を通して生きる力を育みたい〜おうちカフェ〜本日もよろしくお願いします。

四季があって、細長い国土をもつ日本では、いろんな種類の野菜が手に入ります。おまけに流通経路の発達が素晴らしい!どこでも手に入って、そして安い、そんな野菜をどんどん食べたいですね。

蕪のあっさり漬け

春の七草のひとつ「すずな」はのこと。七草に入れるだけあって、消化を促す酵素・ジアスターゼや、アミラーゼが豊富。胃腸に優しい野菜です。

材料

蕪(3〜4個)人参(1/2本)塩(小1/2) 酢(小1/2) 砂糖(ひとつまみ)あればレモン

作り方

  1. 蕪と人参をスライサーで薄く切る(包丁でも、もちろんいいです)この時、スライサーごとボールに入れてどんどんスライスしていきます。
  2. 塩でしっかり揉む。そのまま10分くらい放置。水がでてくるのでぎゅ〜っと握りしめて水を切る。
  3. 砂糖と酢を入れて和える。レモンがある時は酢は少なめに。

〜ワーキングマザーの知恵〜

生野菜を食べてますか?一時期、生野菜は体を冷やすとか、量がたくさん食べられないとかで「いまいち」な立場になっていましたが、最近は「酵素が取れる」と見直されています。私が思うに、ドレッシングをたくさんかけたサラダのイメージがよくないのではないかと。私は基本的に「塩もみ」で頂きます。さっぱりしているし、水分が出て味も濃縮、そして何よりもたくさんの量を食べることができます。

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください