ご飯がすすむ夏野菜とツナ缶の甘辛煮〜おうちカフェ〜

ご飯がすすむ夏野菜とツナ缶の甘辛煮〜おうちカフェ〜

食を通して生きる力を育みたい〜おうちカフェ〜です♪本日もよろしくお願いします。夏は食欲が落ちてしまいますが、せめて1食はきちんと食べたいもの。ご飯を抜くと小腹が減って、お菓子とか摘んでしまいませんか?結果、余計に体力が落ちてしまうという、悪循環にならないように、しっかり食べましょう!

材料(常備菜にもなるので、多めにしています)

    • なす 3本
    • いんげん 1袋
    • ツナ缶 1缶
    • ごま油 大さじ1
    • 水 100cc
    • 砂糖、醤油 大さじ2

 

作り方

  1. なすはヘタを取り、縦半分に切って1、2センチ幅で切る(ちょっと美味しくするためには、切ったあと平らに並べて、2時間ほど天日に干してみてください!食感がよくなります
  2. いんげんは、両端を切り落として2〜3等分に切る
  3. フライパンにごま油をひいて、なすといんげんを炒める
  4. 砂糖、醤油を入れて味をなじませ、油を切ったツナ缶をいれる

お写真は、職場の飲み会に持参したものです。お野菜は、先輩の家庭菜園のもの!新鮮な夏野菜は何よりのご馳走です!飲んで、食べて、暑さを忘れちゃいましょう。

13942245_594867724007455_477925673_n

 

 

 

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください