コミュニケーションの回路を回そう②~脆弱な言語機能と廃用

コミュニケーションの回路を回そう②~脆弱な言語機能と廃用

 言語機能は、本来、長期にわたって回復していくものですが、それを阻害するのが、うつ病などの2次障害(心の問題)と、コミュニケーションの機会がないこと、つまり廃用です。認知と心は関係が深いので、心の問題が生じると、そもそも話そうという気持ちになりません。言葉が話せないことを、気にしすぎて、会話に入ろうとしなかったりすると、回復の機会を逸してしまいます。「失語症のことを知らない人とは話さないようにしている」こういう失語症の方は、多いようです。たくさん傷ついた経験をしたなかで、学んだ処方箋だと思います。外国に行った経験のある人、少し想像してほしいのですが、「それじゃない」と思っていても、なかなか通じないとき、あきらめちゃうことないでしょうか?それがずっと続くわけです。だんだん、「もういいや」という気持ちになるのは、特別なことではないです。

 そして、心の問題は大きいのですが、ケアできる心理職が、病院や地域の施設に配属されていないのは非常に残念です。そして、会話する相手が家族だけ、または家族ともほとんど話さない、そうなると使わないことによる機能低下(廃用)が生じます。廃用は、高スペックな機能の方が進むのではないかと思います。話し言葉より書き言葉、母語より第2言語(多くの人にとっては英語)など、高学年に学習したものほど、使わないとすぐに忘れますよね。なので、言語活動がないと、低下するのも早いのです。入院中に回復した、言語機能は、盤石ではなくて、むしろ脆いのです。

 なので、少しでも、会話する機会が大切です。失語症の人に必要な支援は、「毎日でかける場所をつくること」とも言われています。しかし、言語機能の素晴らしいところは、使い始めたら再び改善していくという点です。脳の機能回復に最適という時期を過ぎても、まだまだ回復する可能性は高いのです。長い間、引きこもっていた人が、そうした場所に巡り合えたことで、再び語機能が回復していったという報告はたくさんされています。

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください