貧血改善!王道のレバー料理の登場〜おうちカフェ〜

貧血改善!王道のレバー料理の登場〜おうちカフェ〜

貧血に一番いいのはレバーです。でも、わかっちゃいるけど、苦手な人も多いのがレバー。忘れもしない、昔、給食のカレーに鶏肉とレバーがミックスされていて、お肉と思って食べたのに、あのレバー独特のもしゃっとした食感に「はずれた!」のだまされた感じ(笑)

レバーはたぶんあの食感と匂いが敬遠されるのかと。なので比較的食べやすいレバーペーストには生クリームが入ってますし、カリカリの唐揚げは比較的食べやすい。あくまでも個人的な意見ですが。

そして、このレシピは、先日女子会の時のもの。「レバーと思えない!おいしい」と大好評でした。お試しくださいね。とにかく新鮮なレバーを買って、たっぷりのバターを使うのがコツです。

材料(4人分)

  • 鶏レバー 300g
  • たまねぎ 1個
  • バター 大さじ2
  • スープの素 1個
  • 塩胡椒 適宜
  • 乾燥ミックスハーブ(あれば) 大さじ1
  • 粉チーズ 大さじ1
  • 水 1カップ

作り方

  1. 鶏レバーは水洗いをして一口大に切る
  2. 熱湯でしっかりとゆでて、ざるにあける
  3. 玉ねぎは縦に半分にきって、繊維のそって縦に薄切りにする
  4. フライパンにバターをいれて玉ねぎをいため、しんなりしたら、鶏レバーも入れる
  5. 水、スープの素、塩コショウ、ミックスハーブをいれて10分煮込む
  6. 粉チーズをいれて出来上がり!

苦手な人は、バターか菜種油を追加してください♪

ミックスハーブは常備しておくと、いろいろ便利なのでおすすめします。

 

私の活動をご紹介

すべての人が、自分らしく社会参加できる、自分の力を活かして稼げる「幸福な経済圏」が作れたらいいなと思って活動しています。

  • 当事者の社会参加と家族ケア・啓発活動
    NPO法人Reジョブ大阪
  • スマホやタブレット、PCで!言語聴覚士によるオンライン言語リハビリ
    くるみの森 オンライン言語リハ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 当事者、支援者、家族がともに学び合うオンラインサロン
    脳ケアゼミ
    情報をお伝えする公式ラインはこちら
  • 本を出版しました!
    現場19年、大阪の元気な言語聴覚士が、患者から学んだ人生の処方箋。
    コロナ禍の中、先行き不透明な時代にこそ、多くの方に読んでほしい!
  • 講演・研修多数
    お問合せはこちらのフォームにご記入お願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください